今年多くのドイツ人観光客がトルコにやって来る

トルコは、今年(2018年)ドイツ人観光客が最も選択した国の1つとなった。

今年多くのドイツ人観光客がトルコにやって来る

 

ドイツの大手旅行代理店トゥイ(TUI)から出された発表で、観光シーズンの始まりにおいて休暇目的でトルコに行われた予約が昨年(2017年)と比べて70パーセント増加したと明かされた。

同社は、この増加に伴って5-10月にアンタルヤ向けのフライトで旅客数がさらに10万人増加すると発表し、ハンブルク、ハノーバー、フランクフルト、ライプチヒ、デュッセルドルフ、ケルン、ニュルンベルク、ミュンヘン、シュトゥットガルトからトルコへのフライトがさらに増えると述べた。

チュニジア旅行を計画しているドイツ人観光客の割合は125パーセント、エジプト旅行を予約したドイツ人観光客の割合も58パーセントの伸びを示したと指摘された発表では、ドイツ人観光客は極東諸国の中ではタイ、ジャマイカ、モルジブ諸島をまず選択しているとされた。

トゥイ・ドイツ観光事務所のシュテファン・バウメルト所長は発言で、ドイツ人の旅行意欲は非常に高いと述べ、

「旅行してほかの国々を観光したいと考えている。夏期にこれを目にすることになる。2018年夏期シーズンの予約はすでに今から非常に好調である」と話した。

 

(2018年1月10日)


キーワード: トゥイ(TUI) , ドイツ

注目ニュース