エリトリアとエチオピアが和平合意に署名 トルコが声明を発表

トルコは、エリトリアとエチオピアとの間で和平合意が結ばれたことへの喜びを表明した。

エリトリアとエチオピアが和平合意に署名 トルコが声明を発表

 

 

 

トルコ共和国外務省から出された声明文に、「エリトリアとエチオピアの間で1998年に断絶された外交関係を正常化するための和平合意への署名が9月16日にサウジアラビアのジッダで、エリトリアのイサイアス・アフウェルキ大統領とエチオパのアビィ・アハメド首相により行われたことを歓迎する。エリトリアとエチオピアの両国民の幸福と繁栄に貢献することとなるこの合意が東アフリカ地域に平和と安定をもたらすことになると信じている」と明記された。

 

エリトリアが1993年にエチオピアから独立した後、国境をめぐり両国のあいだで対立したことにより、1998年から2000年まで発生した紛争で数万人が死亡したことが記録された。

アルジェリアで2000年に署名された和平合意の後、エチオピアがいくつかの問題となっているエリアからの撤退を拒否したことを受け、両国の間で緊張状態が続いていた。

7月にエリトリアとエチオピアの首脳がお互いの国を訪問すると、両国の間の雪が解け、平和友好共同宣言への署名が行われた。この後、両国の大使館を互いの国に開設する決定が取られた。

 

 

 

(2018年9月18日火曜日)

 

 

 



注目ニュース