エルドアン大統領、イラクのサドル師に祝意

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が、イラク総選挙で最多票を獲得した「サドル潮流」の指導者ムクタダ・アッ・サドル師に電話をかけ、祝意を伝えた。

エルドアン大統領、イラクのサドル師に祝意

昨夜(5月25日)行われた電話会談でエルドアン大統領は、イラクでテロ組織DEASH(ISIL)の打倒後に5月12日に実施された選挙の結果が全イラク人にとって幸運であるようにとの願いを伝えた。

エルドアン大統領は、トルコはイラクとの連帯と結束を極めて重要視していると述べたこの電話会談で、イラク総選挙に続く政権樹立においても成功を祈るとサドル師に伝えた。

エルドアン大統領は、イラクに住むトルクメン人のキルクークにおける選挙で一部の問題が発生し、このことがトルクメン人に弊害を及ぼしたと伝えられたことに触れ、この問題を確認し、是正するための必要な支援を行うよう、サドル師に要請した。

サドル師も、イラクのトルクメン人を含むあらゆるグループの権利を保護していくと述べた。

エルドアン大統領とサドル師は、会談を通じて、トルコとイラクの関係をさらに発展させる決意があることも強調した。

 

(2018年5月26日)



注目ニュース