春の始まりの3月にアンカラで雪

春の一歩を踏み出した3月1日、この冬は雪よりも雨が多かった首都アンカラの一部の地域がうっすらと白化粧をした。

春の始まりの3月にアンカラで雪

 

 

 

この冬のアンカラは、あまり寒さを感じず、雪よりも雨が降ることのほうが多かったが、人々の多くが「春」の訪れを感じる3月1日の朝、思いがけない雪の来訪を迎えることとなった。

高台にあるTRT(テーレーテー:トルコ・ラジオ・テレビ協会)の本部の庭も、うっすらと白化粧をした。

今も時折雪がぱらつくことがある。風は少し強いものの、アンカラにしては寒さはそれほど厳しくない。

 

 

 

(2018年3月1日 文責: 浅野涼子)

 

 

 



注目ニュース