エルドアン大統領 「アフリーン作戦が開始、マンビジでも作戦続行」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が、アフリーン作戦が開始され、マンビジでも作戦を続行すると述べた。

エルドアン大統領 「アフリーン作戦が開始、マンビジでも作戦続行」

エルドアン大統領は、キュタヒヤ県で第6回公正発展党(AKP)定例会議で演説した。

エルドアン大統領は、アメリカが分離主義テロ組織PKKのシリアにおける派生組織がしょっちゅう名前を変えて正当性を得ようとしていると強調した。

エルドアン大統領は、「シリアで自分たちのゲームを構想している者が、テロ組織の名前を変えて我々をうまく騙せていると思い込んでいる。我々にとっては、名前が何であろうと、テロリストから成るどんな組織も、それはテロ組織だ。シリア民主軍だろうと、国境警備隊だろうと、国内治安部隊だろうと、誰を騙せたと思っているのか。そのテロ組織の名はPKKであり、PYDであり、YPGである。」と話した。

エルドアン大統領は、アメリカと欧州連合(EU)がこの状況をよく知っているにもかかわらず、トルコと全世界を騙そうとして虚偽の発言をしていると述べた。

アメリカがテロ組織PYDとYPGについて矛盾した態度を取っていると強調したエルドアン大統領は、「軍隊を結成すると言っている者もいれば、自分にはそんな目的はないと言っている者もいる。別の者は国境警備隊を結成するなどと言っている。その発言が終わるか終わらないかのうちに、国内治安部隊を結成するなどという発言も出てきている。この者らはお互いについて知らないか、誰かが言った嘘を別の者が聞いていないために、誰もが別々の発言をしている。」と述べた。

エルドアン大統領は、「おそらく、彼らの頭にはトルコといえば、懐で育てたフェトフッラー派テロ組織のメンバーや、この反逆組織のたちの悪い、骨のない、あらゆることに好都合な者らが思い浮かぶのだろう。それに、地域で行う協力活動といえば、金を出す者が惜しまずに使える殺人者の軍隊からなるPKKが思い浮かぶのだろう。しかし、テロ組織を信用することがどれほど過っているかを彼らは学ぶことになる。この地域でトルコ以外に協力できる同盟者がいないということがわかるだろう。」と話した。

「アフリーン作戦は現場で実質的に開始された。」と話したエルドアン大統領は、「ジェラブルスやアル・バーブの作戦によりテロ回廊を打倒したように、今度は西方から開始してこの回廊も打倒する。」と述べた。

 

(2018年1月20日)



注目ニュース