ギリシャ人サッカー選手サマラスはトルコで幸せ「トルコにいながら我が家のように感じている」

ギリシャ人サッカー選手のゲオルギオス・サマラスは、トルコにいて幸せに感じている。

ギリシャ人サッカー選手サマラスはトルコで幸せ「トルコにいながら我が家のように感じている」

イングランドのマンチェスターやスコットランドのセルティックなどの由緒あるチームでプレーした後、そのキャリアをトルコのチーム、サムスンスポルで続けているギリシャ人選手のゲオルギオス・サマラスは、トルコにいながら我が家にいるように感じていると述べた。

スポル・トトの1軍のチーム、サムスンスポルに今シーズン移籍したサマラスは、そのプレーでサポーターの人気を勝ち取った。

サマラスは、そのゴール数により、テオファニス・ゲカスに続きサムスンスポルでシルタキの音楽を鳴らした(快挙を成し遂げた)2番目の選手である。

33歳のサマラスは、アナドル通信(AA)に対し、トルコ滞在についての見解を述べた。

トルコの人々はサッカーをこよなく愛していると強調したサマラスは、「トルコに来たとき、トルコには本当に高いレベルのサッカー選手たちがいることがわかった。スュペル・リグが良いレベルにあることを目にして驚いた。」と語った。

サマラスは、トルコに来た際にホスピタリティをもって迎えられ、疎外感を感じることはなかったと述べた。

トルコ料理の味がとても好きだと述べたサマラスは、ガジアンテプ産のバクラヴァ(トルコのお菓子)が大好きだと語った。

サマラスは、トルコにいながら我が家にいるように感じていると述べた。

 

(2018年4月2日)



注目ニュース