オランダのルッテ首相 「トルコは協定に忠実である」

オランダのマルク・ルッテ首相は、トルコは欧州連合(EU)と2016年3月に交わした移民協定に忠実であると発言した。

オランダのルッテ首相 「トルコは協定に忠実である」

 

トルコも議題に上がったオランダ議会でのEU首脳会談に関する会議で、議員の質問に答えたルッテ首相は、次のように見解を述べた。

「実際トルコは、交わされた移民協定に非常に忠実であると考えている。私が思うに、心配する状況があるとしても、まずトルコではなく、最初にギリシャが協定をどのように適用しているかを見る必要がある。問題は、ギリシャが移民をトルコヘ送還することにおいて適用している手続きの早さに原因がある。この状況はギリシャの島々で問題の原因となっている」

 

(2018年3月21日)



注目ニュース