【フィリピン】 小型飛行機墜落、10人が死亡

フィリピンで小型飛行機が墜落した結果、10人が死亡し、2人が負傷した。

【フィリピン】 小型飛行機墜落、10人が死亡

地元メディアのニュースで、飛行機が離陸直後に首都マニラ北部にある町ブラジャンの住宅地に墜落したことが伝えられた。

フィリピン民間航空局のエリック・アポロニオ報道官は、プラリデル空港から離陸し5人が搭乗するライト・エアー・エクスプレス社のパイパー・アパッチ23型(Piper PA-23)の飛行機が住宅地に墜落したと述べ、住宅地にいた5人を含む10人が死亡したと話した。

飛行機の墜落現場で負傷した2人は病院で治療を受けた。

飛行機墜落の原因が調査されている。

 

(2018年3月17日)



注目ニュース