宇宙で身長が伸びた宇宙飛行士、誤情報について謝罪

宇宙で身長が9センチメートル伸びたと発表した宇宙飛行士が謝罪した。

宇宙で身長が伸びた宇宙飛行士、誤情報について謝罪

国際宇宙ステーション(ISS)で3週間を過ごした日本人宇宙飛行士の金井宣茂(かない・のりしげ)さんは、ツイッターのアカウントから、

「皆さん、おはようございます。重大な報告があります。宇宙に来てからの変化を観察するために身体測定が行われ、この過程でまるで植物のように私の身長が9センチメートル伸びたことがわかりました。」とのメッセージを発信していた。

金井さんは、

「6月に地球に帰還するときに、ソユーズの座席に体が収まるかどうか心配です。」と述べていた。

その後この件に関して謝罪のメッセージを発表した金井さんは、身長が9センチメートルではなく2センチメートル伸びたと述べ、誤った情報を伝えたことを謝罪した。

重力のない環境では脊椎が圧力を受けないために、人間の背骨が広がり伸びることがある。

宇宙飛行士が重力のある環境に帰還したとき、その身長は元の長さに戻る。

 

(2018年1月10日)



注目ニュース