「世界のスポーツ」 第39回

彼らがお互いに勝つために戦うのを何年も見てきました。

「世界のスポーツ」 第39回

テニスファンは彼らの決勝戦を息を呑んで観戦してきました。勝った者も負けた者も、ファンの心に残りました。彼らはテニス界の2人の大物です。しばしば波風が立とうとも、常に頂点に立ってきた2人です。勝っても負けてもテニスファンが最も関心を寄せてきた選手でした。

誰のことを話しているか、もうお分かりになったと思います。

フェデラーとナダルです。世界ランキングの頂点を行く2人です。

プラハで行われたレーバーカップテニス選手権で、フェデラーとナダルはダブルス戦でパートナーでした。2人は初めて隣同士に並んだのです。ライバルの2人は個人戦でのライバルでした。フェデラーはサム・クエリーに、ナダルはジャック・ソックに勝ちました。今回4人の選手がダブルス戦で対戦しました。フェデラーとナダルは最初のセットで6-4で勝ちました。第2セットでクエリーとソックが6-1で勝つと、人々の目はタイブレークに向きました。フェデラーとナダルは、このテニスの2人の伝説的選手に勝つのでしょうか。ソックとクエリーはテニスの重要な選手で、ゲームを思うように動かすことができるはずでした。しかし、フェデラーとナダルはファンをがっかりさせず、タイブレークで10-5で勝ちました。

ヨーロッパのチームと世界のチームの間で行われた試合でナダルはイスナーに負けました。勝利に3点を追加するシステムで、ヨーロッパチームは最終戦に12-9と優位に進みました。最終戦はフェデラーとキリオスの間で行われ、フェデラーが4-6、7-6、11-9のセットで試合を制し、ヨーロッパチームに15-9での勝利をもたらしました。

プラハで行われたレーバーカップは、世界のチームとヨーロッパのチームとして2つに分かれて14人の選手が参加する選手権です。フェデラーとナダルが参加したヨーロッパチームは世界チームに対し15-9の勝利を獲得しました。世界のテニスの過去の2人の大物はヨーロッパチームのキャプテン、ビョルン・ボルグと世界チームのキャプテン、ジョン・マッケンローでした。

テニス界についてもう1つの話をします。世界ランキングでナンバーワンとなることは、負け知らずという意味ではありません。女子テニスでナンバーワンとなった後に参加した最初の選手権であるパンパシフィックオープントーナメントでムグルサは準決勝でウォズニアッキに負けました。

東京で行われたハードコートでの選手権で、ウォズニアッキはムグルサに6-2と6-0のセットで勝って2勝しました。

モータースポーツでも新しい動きが続いています。モトGP世界選手権の第14回戦では、スペイン人選手のマルク・マルケスが優勝しました。スペインのアラゴンで5.1キロメートル23周分の競技でマルケスが2連勝し、シーズン5度目のモトGPでの優勝、自身のキャリアで34度目の優勝を果たしました。この競技でダニ・ペドロサが2位、ホルヘ・ロレンソが3位となりました。第14回戦の後の総合ランキングでは、マルク・マルケスが1位で224点、アンドレア・ドヴィツィオーゾが2位で208点、マーベリック・ビニャーレスが3位で196点、ダニ・ペドロサが4位で170点、バレンティーノ・ロッシが5位で168点です。

シーズン第15回戦は日本で10月15日に行われます。

オートバイレースからも別のニュースです。

スーパースポーツ世界選手権で、ポルトガルのポルティマオで行われた第9回戦で優勝したケナン・ソフオールが、総合ランキングでもトップに上りつめました。シーズン5度目の優勝を果たしたケナン・ソフオールは、総合ランキングで145点で1位です。

アゼルバイジャンとジョージアが共同で開催したバレーボール女子欧州選手権では、トルコ代表がロシア、ブルガリア、ウクライナとともにグループCにいます。

バスケットボールのフェネルバフチェ・ドウシュは、ザダールカップの決勝戦でCSKAモスクワに76-72で勝利し、優勝しました。

ベルリンマラソンではケニア人選手のエリウド・キプチョゲが連続優勝を果たしました。キプチョゲはこうして、ここ7回のマラソンでも優勝しました。

自転車競技では、スロバキア人選手のペーター・サガンが、ロード世界選手権で優勝しました。ノルウェーのベルゲンで行われた選手権で、サガンは3連勝した初の自転車競技選手として歴史に名を刻みました。


キーワード: 世界のスポーツ

注目ニュース