自動車の輸出が過去12か月間の最高水準に

トルコの自動車産業は、過去12か月間の輸出総額が初めて300億ドル(約3兆2718億円)を超えて新記録を達成した。

自動車の輸出が過去12か月間の最高水準に

 

トルコ輸出業者議会(TİM)のデータによると、4月に最も多く輸出を行った部門は、29億300万ドル(約3166億円)で再び自動車となった。4月の輸出が昨年同月(2017年4月)と比べて26.6パーセント増加した自動車産業は、輸出総額の21.4パーセントを占めた。

自動車産業の輸出は、2018年の4か月間に前年同期と比べて19.8パーセント増加して111億3000万ドル(約1兆2318億円)に達した。

過去12か月間の輸出総額も303億6500万ドル(約3兆3092億円)となった同産業は、これまでの最高となる「過去12か月間」の輸出額を達成した。自動車産業の「過去12か月間」の輸出は、3月に298億ドル(約3兆2476億円)、2月に293億ドル(約3兆1928億円)、3月に288億ドル(約3兆1383億円)となっている。

自動車産業は、今年4か月間では16億5734万ドル(約1802億円)でドイツに最も多く輸出を行っている。同産業の2018年1-3月のドイツへの輸出は、昨年同期と比べて17.05パーセント増加した。

同時期に自動車産業が最も多く輸出を行った諸国は順番に、12億7338万3000ドル(約1388億円)でイタリア、11億9378万ドル(約1301億円)でフランスがドイツに続いた。

 

(2018年5月3日)



注目ニュース